【keinz ケインズ PG完全無添加リキッド】PGは猫に有害です | レビュー VAPE リキッド


【プロピレングリコール(PG)とは】
プロピレングリコール(以下PG)は石油由来の化学物質。
保湿性や防カビ性の効果があるため、多くの食品、化粧品、医薬品に使われている。

他にも香料の溶媒としても優れているため、多くのVAPEリキッドのベース液または香料にも使用されている。
PGと共によく使われているベジタブルグリセリン(以下VG)は植物由来で保湿性が高く若干の甘みがある。
市販のVAPEリキッドは、風味づけや防カビのPG、甘みとミスト量の確保にVG、この二つを組み合わせたものがほとんど。

【PGの猫への影響】
PGは猫の赤血球に悪影響を及ぼす事がわかっていて、吐き気、嘔吐、多尿、下痢、痙攣、失神、昏睡などの症状を引き起こし、場合によっては死に至る。
平成21年6月1日に施行された「愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律(ペットフード安全法)」において「プロピレングリコールは、猫用の販売用ペットフードには用いてはならない」と定められた。
施行以前はキャットフードにもPGは使われていて、現在も食品やドッグフード、化粧品等に使われているが、これらの用途の場合はPG使用の表示義務はない

【猫を飼っている我が家のVAPE事情】
VAPEを始めた頃1ヶ月くらいはPGに対する知識が無く、PGが含まれたリキッドを吸っていた。
今はVG100%のベースに香料を少なめに入れて自作している。

どの香料にもおそらくPGが使われていると思うが表示義務が無いためわからない。
PGが完全に使われていないリキッドや香料は探しても見つけることが出来なかった。
素グリ(香料なしのVGベース液のみ)も試してみてたが、やはりなんらかのフレーバーはあったほうが良かったので、罪悪感を覚えつつも香料は使ってきた。
PGを完璧に排除できていないから偽善と思われても仕方ないけど出来る限りの対策はしたかった。

世の中には健康に悪い成分が使用されている食品なども多く存在する。
砂糖と甘味料も健康にとってはどちらが良いのかわからない。
水や塩でさえ大量に摂取すると死に至る。

生物には自浄能力があるため、少量では健康被害を及ぼさないという理由から、添加が許されている物質はたくさんある。
おそらく猫にとってのPGもそのような性質で、直接舐めたり、もくもくミスト部屋に常駐しているような状態でなければ、それほど大きな影響は無いのかも知れない。
現にうちの猫は3匹とも17歳以上と平均寿命よりは長生きしている(た)。

タバコもVAPEも猫の目の前で吸う事はないが衣類などに付着する事もあるだろう。
自分の嗜好のために少しでもペットに害を与えているかも知れないのは心苦しいが、仮にVAPEを吸わなくても日常生活においてPGから逃れるのは無理なので大きな問題ではない。
このような戯言を免罪符に香料に含まれていると思われる少量のPGには目をつぶってきた。

あとSNS等で猫飼いのベイパーさんを見るとPGが猫に有害な事を知ってるかな?と心配になる。
いちいち忠告するのもうざいだろうし、いつももどかしい気持ちになる。

【PG完全無添加のVAPEリキッドとの出会い】
最近、ベースにも香料にもPGが使われていないPG完全無添加の国産VAPEリキッドを発見した。
販売元のkeinz(ケインズ)さんに問い合わせ、詳しく聞いてから購入したところサンプルもいただけた。



以下、ケインズさんの話を抜粋要約。

VG自体は以前から取り扱っていましたが、お客様から「ケインズのグリセリンがVAPEリキッドとしてとても良い」とのメッセージをもらい、リキッド製造に着手し始めました。

弊社の全てのリキッドベースにはPGは一切使っておりません。
ほとんどのリキッドに含まれているPGは、アレルギーの方やネコに対して悪影響があり、健康体でも多量の使用は発がん性があります。
そのため弊社では1987年から化粧品材料を製造してきた知識と経験を生かし、半年をかけてPGを排除したリキッドのレシピを完成させました。
製造に手間はかかりますが健康に対する貢献度は大きいと思っています。

また更に健康に配慮した香料にもPGを含んでいない【PG完全無添加】も製造販売しております。
【PG完全無添加】は、ペパーミント、グリーンアップル、プレーンの三種となります。
今後この3種類以外にも【PG完全無添加】のリキッドをさらに増やす予定です。

今回試してみたのはこの4種類。
プレーン、ペパーミントメンソール、グリーンアップルメンソール、コーヒーメンソール。

「KAGAYAKI 輝(メンズ)」と「HANA 花(レディース)」という2種類のシリーズがあるが、ラベルが違うだけで中身は一緒との事。
ラベル自体もそれほど変わらないし男女で分ける必要性も感じない。
ショップサイトの一覧で見た時に似たような商品が並ぶと、全体を把握するのに時間がかかるというデメリットのほうが大きそうだから一種類に統一したほうがいいような気がする。

全て【VG100:PG0】純度99.9%食品添加基準品グリセリン使用、プロピレングリコール(防腐剤)不使用。
それぞれ30mlと110mlの2サイズ展開。

フレーバーはこの他にも非メンソールのグリーンアップル・カリビアンやグリーンアップル・ヨーロピアンというのもあるらしい。(味の違いが想像できないけど)
あと、【PG完全無添加】のストロベリーやオレンジも販売予定との事。

【吸ってみた感想】
ちょうどORIONのPODが4個あって、MTLもDLもいける便利なデバイスだから、それぞれに別のリキッドを入れて吸い比べてみた。


※ダイイングメッセージのようですが赤ペンで字が汚いだけです。

▼プレーン
口内に何も風味が残っていない時はほのかな甘味を感じる。
ほぼ無味なので食後やスナック菓子などを食べて口内に味が残っている時に吸うと不味く感じる。
コーヒー系やジュースなどのドリンクをお共に吸うのが良い。

▼ペパーミントメンソール
一言で表すならロッテグリーンガム。
メンソールが苦手な俺でも癖が無く弱メンソールで吸いやすい。

▼グリーンアップルメンソール
よくある青りんごのガム味。
ペパーミントよりは味の個性がある。

▼コーヒーメンソール
これはロッテコーヒーガム。
(結局全部ガムやないかーいというツッコミはなしで)
爽やかなコーヒー味で吸いやすい。

俺の場合、ずっと1種類のコーヒータバコ系のニコチン入り自作常飲リキッドを吸っていたため、ノンニコのフルーツ系もメンソール系も久しぶり。
比較対象が無さすぎて、はっきり言って味の感想は参考にならない。
PG不使用のためハードな風味付けは出来ないらしいが、個人的には満足できる喫味だと思う。
味云々よりもPG完全無添加のリキッドの開発に注力してくれている事を評価したいし感謝したい。

関連記事:【keinz ケインズ VG】良コスパの高純度グリセリン | VAPE 自作リキッドベース

ケインズさんにはVAPE商品以外にも安心安全なオーガニック仕様の商品がたくさんあるので、興味がある方はどうぞ。「生シアバター」が人気だそうでアマゾンや楽天で販売中です。

keinz公式サイト / keinz楽天市場店 / keinzアマゾン店

VAPE&リキッドアンテナ
VAPE・電子タバコ・加熱式たばこ&VAPEリキッドの最新情報アンテナサイト

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です