【プルームテック互換機】煙草(たばこ)からアイコス、そしてVAPEへ②

20171008y01m25d_120735566.jpg

IQOS(アイコス)に不満を持ちながらも使い続けていたところ、知人からPloom TECH(プルームテック)の話を聞いた。
そういえばアイコスが欲しくて調べていた時にglo(グロー)と共によく見た名前だ。
当時はどちらもアイコスより入手難易度が高く、選択肢には入らなかったためそれほど詳しくは知らなかった。

話を聞くと、プルームテックの入手は難しいけれど、プルームテック互換機(要するにパチモン)が数多く出回っており、それがむしろプルームテックよりも性能がいいらしいとの事。
アイコスに不満があるため、この話は興味深く、帰宅後さっそく調べてみた。

どうやらプルームテックはバッテリーにカートリッジとタバコカプセルを合体させて使うものらしい。
カートリッジにはリキッドが、たばこカプセルにはニコチンが入っている。
昔からあるリキッドタイプの電子たばこのようにリキッドを加熱してミストを出し、たばこカプセルを通して吸う事によりニコチンも接種できるという物。
カートリッジ1個とたばこカプセル5個がセットで販売されていて、基本はたばこカプセル5個使い終わると同時にカートリッジも交換となるが、吸い方によってはカプセルだけ余ったりするらしい。
たばこカプセルが余るという事は、おそらくカプセル5個を使い切る前にカートリッジのリキッドが無くなってしまうのかな。

そこで登場するのがプルームテック互換機。
互換機はリキッドが補充できるため、カプセルだけ余るという事がない。
メーカーや機種はいろいろあり、今ではそれを狙った商品も販売されているが、最初はプルームテックに似たようなタバコ型のリキッド電子たばこ(VAPE)に偶然カプセルがぴったりはまったので、品薄で入手難易度が高いプルームテックに代わる互換機として売り出したのかなと思う。差し込みが合えば使えるからね。
カプセルだけでなくプルームテックのカートリッジ自体も使える機種もあるため全く無駄を出さずに使い切れる。プルームテックの代用だけでなく、バッテリーの事を考えても、プルームテックを持ってる人でもサブ機として優秀らしい。


もし、コンビニ等で気軽にたばこカプセルが購入できたなら、おそらく互換機を買ってたと思うが、調べてみると通販はあるが実店舗では福岡と東京でしか売られていなかったため断念。
この互換機を調べていた時に他の電子たばこ(VAPE・ベイプ)の情報もたくさん目にしたため、そちらに考えをシフトし始める。

たばこ中毒には2種類あり、ひとつは純粋なニコチン中毒、もうひとつは口寂しさや手持無沙汰という習慣的な中毒。まぁ長年吸ってる人は両方かな。
現状、ニコチン接種は従来の紙巻き煙草もアイコスもあるわけだし、習慣的な中毒を補う意味ではたばこカプセル(ニコチン)なしの一般的なリキッド電子たばこであるVAPEでいいかなという結論に達した。

続く。

VAPE&リキッドアンテナ
VAPE・電子タバコ・加熱式たばこ&VAPEリキッドの最新情報アンテナサイト

※レビューは、例えば爆煙志向の人がMTL向きの器具のレビューをしたら酷評になる可能性もあり逆もまた然りで、書いた人の好みや基準がわからないと的外れになりがちなので、 VAPEプロフィールとクリアロマイザー簡易評価一覧 も興味があったらどうぞ。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です